電車でメイクはよしましょう。

最近、若い女性が通勤電車やバスの中でお化粧したり、道端やコンビニエンスストアの店先に座り込んだりしている光景を時々見かけます。

公共の場でのマナーがすっかり忘れられているようで残念な気がします。

なぜなら運気を下げているからです。

過っては公衆の面前での振る舞いには親のしつけが表れるといわれていました。

「みっともないことをするな」。と言って厳しくしつけたものです。

「みっともない」とは「見とうない」つまり、「見たくもない」ということなのです。

見たくもないことをしている人というのは周囲の人からの反発を買います。

見たくもないことを見せられているのですから、不快に思いますね。

つまり、電車の中でメイクをしている時というのは、マイナスのエネルギーを周囲の人にシャワーのように浴びせているようなものなのです。

周りの人はたまったものではありません。はた迷惑と言わざるを得ません。

お化粧というのは、本来は自宅などプライベートな空間で行われること、外出先で、お化粧直しが必要になった場合にはトイレなどでするのが美しい作法というものです。

食事をする時には家やレストラン等、食事をするための空間があるわけですから、もし電車でメイクなどみっともないことをするのはすぐにやめましょう。

みっともないことは運気を下げます。

同じ人生を歩むのに自らマイナスな行動は慎みましょう。

スポンサーリンク


この記事へのコメント